URLの正規化が必要な理由とは?URLが複数ある理由とデメリット

サイト運営を始めてからURLの正規化という言葉を頻繁に見かける様になりました。何となく大事なんだろうとは感じていましたが、調べても内容が難しくてなかなか理解できません。

そんな私みたいな方はたくさんいるだろうと思いますので、私なりに要点をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

正規化が必要な理由

例えば当サイトのトップページ。ページ自体は1つなのにURLが複数存在します

具体的に示すと、以下のどのURLを入力しても当サイトのトップページにたどり着きます。

 No. URL
http://www.unity-right.com/
http://unity-right.com/
https://www.unity-right.com/
https://unity-right.com/

 

URLが複数になった理由

複数といってもサイトによって数が異なりますので、当サイトのケースで説明します。

 

①独自ドメインの取得

私はunity-right.comという独自ドメインを取得し、それにより以下2つのURLが使用可能になりました。

 No. URL
①(www有り)http://www.unity-right.com/
②(www無し)http://unity-right.com/

何か特別な設定をしたりオプションで申し込んだ訳でもありませんが、[www有・www無]基本的にはどちらも使えます。(たぶん)

 

②サイトのSSL化

簡単に言うとサイトのセキュリティーを強化する事です。SSL化する事でURLが[http → https]になります。[www有・www無]それぞれがSSL化して、新たに以下2つのURLが追加されました。

  No. URL
https://www.unity-right.com/
https://unity-right.com/

 

正規化前のデメリット

私の場合ですが、Googleサーチコンソールを導入してアクセスを分析しようとしたら、何だかよくわかりませんがデータが4分割されていました。サーチコンソールをはじめ、クロール・インデックス登録・ユーザーアクセス・サイトの評価などはURL(入口)ごとにイベントが発生します。

ページが1つなのに入口が複数あると、様々なデータが分散してしまいます。そこでURLの正規化が必要になるのです。

 

メインのURLを宣言する

URLの正規化とはメインのURLを決める事です。私の場合は「https://unity-right.com/」をメインのURLに設定したので、それ以降のユーザーアクセスやサイトの評価などはメインのURLに集約されています。

 

 

各種設定

どのURLをメインにするか決めたら、関連するサービスの設定を確認します。以下は参考として私が利用中のサービスについての設定です。

設定方法が変わる場合もありますので、何か違う・・と思ったら各サービスの最新マニュアル等をご確認ください。

 

WordPress

メインにしたいURLを所定の欄に入力しておけば、それだけで<head>内にcanonicalタグが追加される様です。

 

設定 → 一般

サイトアドレス(URL)にメインのURLを入力します。

WordPressアドレス(URL)は誤って変更してしまうとログイン出来なくなる可能性があるので、必要時以外は変更しないでください。

 

ソースコードの確認

念のためソースを確認したら正しく表示されていました。スマホなら「HTML viewer」というアプリで確認できます。

<head>
<link rel="canonical" href="メインのURL">
</head>

 

 

Cocoon

チェックを入れるとトップページやカテゴリページ等にもcanonicalタグが追加されるとの事。

 

Cocoon設定 → SEO

cocoonのcanonicalタグ

 

 

Search Console

この機能は2019年6月に廃止になりました。


サイトの設定 → 使用するドメインの選択

設定したURLが優先的にインデックスに登録されます。URLを入力する時や人に伝える事を考えると、個人的には短く覚えやすいwww無しがおすすめでが、大手企業のURLを見るとwww有りが多いです。

 

設定しない場合のデメリット

実際同じサイトなのにそれぞれ異なるサイトとして処理されてしまう可能性があり、サイトや各ページの評価(価値)が分散したりサーチコンソール等の分析がしづらいなど様々なデメリットが考えられます。

要するに設定した方が良いという事です。

 

 

アナリティクス

Googleアナリティクスの「設定」より

 

プロパティ設定 → デフォルトのURL

正規化で決めたURLを入力します。httpかhttpsかはプルダウンで選択。

 

ビュー設定 → ウェブサイトのURL

前項と同様に設定します。

 

設定後にメール受信

  1. www.〇〇.comのリンクが解除された(Analytics)
  2. 〇〇.comが関連付けられた(Analytics)

急にアナリティクスからメールが来てドキッとしましたが、冷静に考えたらそりゃそうだという内容でした。※状況によってメールの受信数は異なります

 

 

まとめ

特にサイトを立ち上げた当初はわずかなアクセスもモチベーションに繋がるので、大変ですが早めにURLの正規化を実施することをオススメします。

アクセス数が思うように増えない当サイトですが、それでも毎月少しずつ増えているのはURLの正規化をしてデータの把握・分析をしてきたからだと思っています。

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました