iPhoneの写真をPCにコピペする際にaaeファイルを非表示に

iPhoneにある写真データをPCにコピーする際、フォルダ内にAAEファイルという不明なファイルが混ざっている場合があります。

「まぁ不要なファイルだろう」と思ってスルーし続けてきましたが、写真の数が多いとコピペ時に邪魔になったりしますよね。

作業を効率的に行う為にAAEファイルを非表示にする方法を考えてみました。

ご注意

「AAEファイルが必要」という方には参考にならない方法なのでご注意ください。

スポンサーリンク

AAEファイルとは

AAEファイルとは

AAEファイルは、iPhoneで写真を編集して保存した際に生成される編集情報(履歴)が記録されているファイルです。どうにか開くことは出来るのかもしれませんが、開くためのファイルではありません

AAEファイルとは

  • 写真の編集情報が記録されている
  • 閲覧用ファイルではない

AAEは何の略?

ネットで調べても有力な情報が無いですね。。

意味の無い名称を付けるとは思えないので様々な可能性を考えてみました。このファイルの役割を考えると最後の「e」は編集(edit)系で、そうなると AA of Edit というスタイルかなと思います。そうだと仮定してAAの略称を調べてみました。

“AA”の候補

  • Almost All (ほぼ全て)
  • double A (単3電池)
  • double A (Aより上の成績)
  • Access Authorization (アクセス認可)
  • Arithmetic Average (算術平均)

恐らく上記の中に正解は無いと思うので忘れてください・・

AAEファイルを非表示にする

なぜ非表示にするかというと、iPhoneの写真をPCに取り込む際にちょっと邪魔に感じるからです。写真が数枚なら良いですが、例えば100枚とか大量の写真データをコピペする場合は写真の選別に時間がかかってしまいます。

という事で、とりあえずAAEファイルを非表示にしてコピペ効率をUPする方法を考えてみました。

写真データは以下の流れで移動します。安全を優先して、まずはPCの適当なフォルダにAAEファイルも含めて丸ごと写真データをコピペします。

作業の流れ
  1. PCに適当なフォルダを作成
  2. iPhone → 適当なフォルダにデータをコピペ
  3. 適当フォルダ内で作業
  4. いつもの保存フォルダにコピペ

PCに適当なフォルダを作成

まずはPCに適当なフォルダを作成し、iPhoneから写真データをコピペします。この段階ではAAEファイルも含めて丸ごとコピーしてください。

iPhone上のフォルダで色々な作業をした場合、万が一ミスった時に大変なことになり得ます。なので私は一旦PCにデータを移してから作業しています。

PCに適当なフォルダを作る

AAEファイルを検索

適当なフォルダの右上にある検索窓に「AAE」と入力し、AAEファイルだけを表示させます。入力は大文字でも小文字でもOKです。

aaeファイルを検索
注意点

  • PC側にデータをコピーしてから実施
  • フォルダ名やファイル名にAAEが含まれていると必要な他のファイルも表示されてしまう
  • 拡張子を表示させない設定の場合は、フォルダ上部の「表示」から拡張子を表示させる項目にチェックを入れる

全て選択して非表示に

表示されたAAEファイルを全て選択し、選択した項目を表示しないをクリックします。※ファイルを選択していない状態だとクリックできません

表示されている全てのファイルを選択する方法
  • ファイルを1つ選択してから Ctrl + A
  • Shiftを押しながら左上のファイルをクリックし、続いて右下のファイルをクリック
  • Ctrlを押しながら一つ一つファイルをクリック

適当なフォルダ → 保存フォルダへコピペ

AAEファイル以外の必要な画像のみが表示されました。この状態で全て又は必要な写真データをいつも保存しているフォルダにコピペします。

この時、検索窓に「AAE」が残っていると何も表示されないのでご注意ください。

あとがき

そもそもiPhone上で写真を編集しなければAAEファイルは生成されないですし、編集前とか後とかのデータに拘りがなければ諸々の悩みや作業は不要になります。

また、iPhoneの写真データをPCに取り込む方法は他にもありますので、もしかしたら私の様なやり方はマイナーかもしれません。と言って今後もこの方法でやり続ける私なのでした。

Comment

タイトルとURLをコピーしました