明治「きのこの山」が自分で作れる!手作りキットが楽しい♪

作ろう!きのこの山を子供と一緒に作りました。今まで気づかなかった意味が分からないくらい普段行くスーパーに普通に売っていましたね。

スポンサーリンク

作ろう!きのこの山

\ きのこの山が作れるとは・・大量生産用の8個セット /

型は8種類

  • いつもの
  • かさ?
  • よつご
  • きのこの山?
  • たけのこ!?
  • こつぶ
  • おおつぶ
  • しいたけ

チョコレートは3種類

  • ブラック
  • ホワイト
  • ピンク

作り方

  1. チョコ型を洗って乾かす
  2. 手を良く洗う
  3. チョコチューブをお湯(50℃)で温める
  4. チョコを型に入れる
  5. クラッカーを真っ直ぐさす
  6. 冷蔵庫で30分くらい冷やす
↑商品の底面に作り方が載っています ↑

温度・量・入れ方

きのこの山にチョコ投入

お湯の温度が高すぎるとチョコレートがゆるくなり、クラッカーを固定しづらくなります。逆に温度が低いとチョコレートがすぐ固まってしまいます。適温は50℃くらいです。

型にチョコレートを入れすぎてしまうとクラッカーを入れた時にチョコが溢れてしまうのでご注意を。まぁちょっと溢れるくらいなら大丈夫ですし、メインの型以外(吹き出し・☆・注意書きなど)にチョコを乗せるのも面白いですね。

冷蔵庫で30分くらい冷やす

ちょっとチョコ入れすぎたと思いましたが、問題なく固まっています。

きのこの山 冷蔵庫で冷やして固まりました

完成

子供と適当に作りましたが思っていたよりは良くできてました。味は完全にきのこの山!美味しかった。

きのこの山 完成!美味い!

2回目

2回目の方が下手になるというww

3回目

なんだか良くできました(^ω^ )

きのこの山3回目

その他の商品

残念ながらたけのこの里は無いみたいです。あれはまた成分やら作り方が特殊なんですね。

きのこの山 8個セット

1人じゃキツい!大量生産 or みんなで一緒に作るなら8個セット

きのこ VS たけのこ

『きのこ派・たけのこ派』で揉めた場合はこちらで決着

手作りアポロ

引き分け・仲直りの際はこちらで

Comment

タイトルとURLをコピーしました