普段映画見ない私がAmazonプライムビデオで見て特に面白かったちょっと前のおすすめ映画【邦画×2・洋画×2】

当時「面白そうな映画だなぁ」と思ったけど、何となく見なかった映画。その事すら忘れてしまった映画。

プライム会員になってから映画は殆ど観ておらず、何か勿体なく感じていました。

ちょっと時間ができて暇を持て余してそうだったので、昔たぶん観たかったであろう映画をAmazonプライムビデオで探してみました。

スポンサーリンク

コンフィデンスマンJP

2018年にテレビドラマとしてスタートしたコンフィデンスマンJP。当時ドラマを見ていたのかも思い出せないまま、とりあえずロマンス編・プリンセス編を2本連続で視聴。

  • 2018年:テレビドラマ
  • 2019年:ロマンス編
  • 2020年:プリンセス編

コンフィデンスマンとは「自信・確信を持っている人 = 頭のキレる人」くらいに思っていましたが、正しくは「詐欺師」なんですね。

『ユージュアル・サスペクツ』を彷彿とさせる騙し合いの連続と予測不能の大逆転劇。どうせ最後は勝つんだろうと思いながらもハラハラドキドキが止まらない怒涛の展開。

ミシェル・フゥは完全に広瀬すずさんだと思っていましたが、実際は女優の関水渚さん。後から知って超絶びっくり。それも騙されていたのか?

ボーン・アイデンティティー

The Bourne Identity は2002年の映画。主人公のジェイソン・ボーン(マッド・デイモン)が失った記憶を取り戻すために、ほぼ1人で巨大組織と戦うストーリー。

  • 2002年:ボーン・アイデンティティ
  • 2004年:ボーン・スプレマシー
  • 2007年:ボーン・アルティメイタム
  • 2012年:ボーン・レガシー
  • 2016年:ジェイソン・ボーン

先の先・裏の裏を読む巧みな心理戦はコンフィデンスマンJPにも通ずる部分が。

ボーン・レガシーはプライム会員特典ではありませんでした。

とにかくマッド・デイモンがカッコいい。とにかく強い。とにかく死なない。そんな映画です。

この流れでグッド・ウィル・ハンティングも見たかったがプライム会員特典ではなかったので断念。

ワイルド・スピード

初代ワイルド・スピードが公開されたのは2001年。それから約20年で10作品以上が公開されている人気シリーズ。

本国でのタイトルは『Fast & Furious』。Furiousは「怒り狂う・激しい」の意。

ワイルド・スピードX3は東京が舞台となっており、北川景子さんや妻夫木聡さんなど日本の俳優さんが多数出演しています。

今朝プライムビデオでこの映画を見たのですが、同日の夕方にテレ東で放送されるというミラクル。ワイルド。

ワイルド・スピードシリーズで絶対に外せない作品がSKY MISSION。最後の「For Paul」という字幕が気になって調べてみたところ、昔ニュースで見た気がする事実を知る事に。

その小さな記憶のおかげもあって、アマプラでワイスピに辿り着いたんだと思います。

とんかつDJアゲ太郎

とんかつDJアゲ太郎。アイデアとネーミングが既に最強なこの作品は少年ジャンプで2014年に連載を開始した漫画。その後2016年にTVアニメ化され2020年には映画化。

見る前はギャグ映画かなと侮っていましたが、青春と笑い・成功と失敗のバランスがとても良く、気付くとアゲ太郎を全力で応援している私がいました。

1番泣ける作品でした。1番次回作を観たいと思わせてくれた映画でした。

Comment

タイトルとURLをコピーしました