エクセルで郵便番号のハイフンを一括挿入・削除・7桁に揃える関数

エクセルに記録した郵便番号をデータベースとして活用したいのに、「- (ハイフン)」があったり無かったり、先頭の「0」が消えて桁が少ないものがある場合があります。

そんな「郵便番号が綺麗に整理されていない」という問題を関数などを使って解決する方法です。

郵便番号の表示が不揃い
  • ハイフンがあったり無かったりする・・
  • 先頭の「0」が消えてしまう
スポンサーリンク

郵便番号を整理する手順

郵便番号のハイフンや桁を揃える

イレギュラーや操作ミスに備えて、データは必ずバックアップを取っておきましょう

最終的にハイフンを入れる場合は③まで、ハイフンを入れない場合は②まで進めてください。

エクセル操作の流れ
  1. ハイフンを消す
  2. 7桁に揃える
  3. ハイフンを入れる

①ハイフンを消す

以下の様にハイフン(-)があったり無かったりする場合は、まずハイフンを一括で消します。

ハイフンがあったり無かったり
関数ではなく機能「検索と置換」
  1. 〒のある列をクリック ※図ではB列
  2. [Ctrl + F]で「検索と置換」を起動
  3. 置換の検索する文字に「-」を入力
  4. 「すべて置換」をクリック
ハイフンが全角の場合は半角に置換を

②郵便番号を7桁に揃える

北海道・青森県・秋田県・岩手県に先頭が「0」又は「00」で始まる郵便番号があります。エクセルの場合、ハイフンを消した際に「数値」と見なされて先頭の「0」が消えてしまう場合があります。

そこで「TEXT」関数を使って郵便番号を7桁に揃えます。

=TEXT(B3,"0000000")

③ハイフンを入れる

最後にハイフンを挿入して完成です。

=LEFT(E3,3)&"-"&RIGHT(E3,4)

ただ、そもそもが間違っている郵便番号は活用できませんので、日本郵政の郵便番号データなどと照らし合わせて修正する必要があります。

Comment

タイトルとURLをコピーしました