複数条件で数値の合計を求めるExcel関数【SUMIFS】

スポンサーリンク

SUMIFS (サムイフエス)

複数の条件を設定し、その条件を満たした行にある指定した列の数値や金額の合計を求めます

 

例) 拠点Aにある商品①の在庫数合計を求める

  • 条件1:拠点名が「拠点A」
  • 条件2:商品名が「商品①」

sumifs

 

 

関数の選択

関数を組み合わせる場合などは式を直接入力した方が良いですが、関数を単体で使う時はナビゲーションを利用する方が早くて確実です。

 

適当なセルに「 = 」を入力

関数選択

※半角英数で入力

 

「 ▼ 」をクリックして「SUMIFS」を選択

関数の選択

※一覧に無い場合は「その他の関数」から検索

 

 

関数の作成

ナビゲーションを使用する際の流れです。最初は訳が分かりませんが、ご自身で練習問題を作って何回かこなせば、直感的に作成する事ができると思います。

 

①「合計対象範囲」の空欄をクリック
②「D列」赤枠の部分をクリック

関数の入力手順

「D:D」はD列を全て参照するという意味です。※1番上から1番下の行まで

 

SUMIFS の構成

表の作り方次第では入力無しにクリックだけで完結できます。今回の場合は以下の様な構成です。

sumifs

条件のクオテーション(「” “」点々みたいなやつ)は入力後に自動で付きます。

 

直感的に入力する

合計対象範囲を指定してから以下の様に進めます。

  1. 条件範囲1:この列が〜
  2. 条件1:この名前のやつで〜
  3. 条件範囲2:更にこの列が〜
  4. 条件2:この名前のやつ!

 

注意点

計算したい表(範囲)の上下に違う指標の表やデータがある場合は、そのデータの結果も混在してしまう可能性がありますのでご注意ください。

例えば、5月の在庫表データの上に4月の在庫表データが存在する場合などの事です。その場合は仕入月などの列を増やして、SUMIFSの条件に追加する事で解消されます。

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました