GoogleアナリティクスとSearch Console の違いは?シンプルに解説

まず「詳しく解説」出来るほど玄人ではないので謝罪しておきます。

とはいえ、初心者だった私が詳しいサイトで学ぼうと試みるも疑問が増えていくばかりで苦労したので、そんな入口で困っている方に向けてポイントを纏めてみました。

まぁ違いが分からなくても、それぞれのツールで分かる事を分析すれば良いだけなので、あまり考え過ぎずに流し読みしてください。

スポンサーリンク

ここが違う!

違いをシンプルに表現すると・・
  • Search Consoleアクセスまでのデータ
  • アナリティクス   アクセス後のデータ

正確には違うかも知れませんが、イメージとしてはコレがしっくりきます。

どうやってサイトに来たの?」と「来てから何したの?」というイメージです。

それぞれのツールで確認できること

ここからが重要です。主な項目をピックアップしてみました。

Search Console

  • クエリ (ユーザーが検索したワード)
  • 検索結果に表示された際の平均順位
  • 検索結果に表示された回数
  • クリックされた回数と割合
  • 被リンク
  • サイトマップの追加・送信
  • インデックス登録の要求

アナリティクス

  • ユーザー数
  • セッション数
  • ページビュー数
  • 平均ページ滞在時間
  • 直帰率
  • SNS流入元(twitter・instagramなど)
  • アクセス元の国や地域

Search Console の役割

広報・マーケティング
  • マーケティング
  • サイトの存在を知って貰う
  • サイトの良さをアピールする
  • そして1度来て貰う

せっかく良いサイトを作っても誰かにアクセスして貰わないと意味がありません。

Yahoo や Google の検索結果にはたくさんのサイトが表示されますが、クリックされるのはその内のわずか。そのクリックする・しないの理由をユーザーの立場になって推測して対策を講じます。

サイトをお店に例えると

  1. 組合に参加する
  2. ユーザーの嗜好や行動を分析する
  3. チラシや広告をデザインする

具体的な対策

  1. 検索ワード(クエリ)の分析
  2. SEOタイトルやメタディスクリプションを改善
  3. 記事内容・構成・見出しの改善

ユーザーはどんな事を求めているか?自分のサイトはどの様な人に向けた内容なのか?その辺りを分析します。

アナリティクスの役割

サービスの向上
  • 見やすさ・分かりやすさ
  • おもてなし
  • 他サービスの紹介

1度来てもらったとしても、サービスがよくなければまた来たいと思って貰えません。

飛び抜けた1つのサービスなのか、総合的なサービスなのか。それらをデータから読み取って対策を講じます。

サイトをお店に例えると

  1. 欲求を満たす・問題を解決する
  2. 他のサービスも知って貰う
  3. また来て貰う・口コミを広げる

具体的な対策

  1. 分かりやすく・見やすく・正しい情報を載せる
  2. 類似カテゴリページや・内部リンクの設定
  3. おもてなし

また来たい!良かった!誰かに教えたい!と思ってくれるかは技術や知識だけでなくサイト管理者の努力や熱意で何とでもなると思います。※そう思わないとやってられないので

まとめ

ほぼノースキルでサイトを作り始めたのですが、記事にしようとする内容の多くは既にネット上にあります。

今更似たような記事を作ったところで誰の役に立つのか?とも悩みましたが、たくさんのサイトを見ても理解度が深まらない事って結構多くありませんか?

数日かけて10〜20記事くらい読んで、それを自分の中で整理してようやく理解できるという事が頻繁にあります。恐らくその段階で諦める人や必要以上の時間を費やしてしまう人もかなり多いのではないでしょうか。

  1. どんな人に読んで欲しいか
  2. 何を1番伝えたいか
  3. 他にこんな事も困ってないだろうか

当サイトでもキーワード×1~2つで検索結果の1位に表示されるページがあります。自分のページが1番に表示されるってスゴイですよね。そういうページを増やしていきたいですし、それに見合った内容にしなければと思っています。

結論

とりま両方導入して毎日色々見ていれば、そのうち分かる様になります(まだ良くわかりません)

Comment

タイトルとURLをコピーしました