キッチンカウンター下のデッドスペースにオシャレな壁紙を貼ってみた

上手く活用出来ずデッドスペースになっていたキッチンカウンター下にオシャレな壁紙を貼り、ついでにDIYで棚を作ってみました。

今回使ったのは壁紙DIY ルームファクトリーで購入したシールタイプの剥がせる壁紙。

1m×4つ = 合計4mを購入したのですが、そもそも4mで販売している商品がありました。もちろん5m・10mなどの単位でも販売しています。

質感はGood

価格も安いので正直そこまで期待していませんでしたが、思っていたより質感は良かったです。

リアル過ぎると部屋の中で浮いてしまうので、欲しいと思っていたイメージ通りの質感で私は満足しています。

「どうしても質感が気になる・失敗したく無い」という場合はサンプルも購入できます。

初心者でも貼りやすい

壁紙を貼るのは初めてでしたが、縦1m×横2mのスペースを1人で貼るのに15分くらいで終わりました。

1つ注意したいのが、サイズによりますが商品はポスターの様に丸まった状態で届きます。ポスターって丸まったクセを戻す為に逆方向に丸めたりしますが、それをこの商品でやってしまうと変な折れ目が付いてしまう可能性があります。※実体験

無理にクセを直さなくても素人にしては上手く貼れましたし、そこまで貼りづらさも感じませんでした。

家族でできるDIYリフォームのお店 ルームファクトリー

カット・貼り付けのコツ

キッチンカウンター下に壁紙DIY

裏(剥離紙)に目盛りが付いているので採寸さえ間違えなければカットも簡単です。ハサミでカットできるほど器用ではないので私はカッターを使いました。

ネットで貼り方のコツ調べたところ「貼る前に壁の汚れを落とすのが重要」という情報が多かったので、壁を入念に拭きました。剥がれにくくする為に少し押し付ける様に貼るのがポイントです。

スキージーという道具で空気を抜きながら壁紙を貼り付けます。ネットで探すと「スキージー」「スムーサー」「ヘラ」など呼び方は様々ですが、用途は違う?みたいです。

壁紙屋本舗・カベガミヤホンポ

まとめ

我ながら上手く貼れたのでそこだけ眺めて満足していましたが、部屋が散らかってると効果は半減。部屋全体を綺麗に整えないといけませんね。

今回DIYの楽しさに触れる事ができたので、これを機に部屋全体の模様替え・断捨離を進めていきたいと思います。(そう遠くない未来に)

Comment

タイトルとURLをコピーしました