カシオ(CASIO) Privia PX-S1000RD オシャレで機能的な電子ピアノ

子供の頃に少しだけエレクトーンを習っていた事があり、自分の子供にも音楽に触れる機会を作ってあげたいと思い手頃な電子ピアノを探していました。

電子ピアノも意外と種類が多いのでなかなか決められなかったのですが、とある楽器店で出会ったカシオのPrivia PX-S1000RDに一目惚れしたのです。

スポンサーリンク

Privia PX-S1000RDの特徴

相当ブランクがある私はリアルな素人ですので、ピアノカムバック組やこれから始める方の参考になればと思い特徴を纏めてみました。

スタイリッシュなデザイン

とにかく見た目がカッコいいです。

ボタンがたくさん付いている電子ピアノが多い事もあり、逆にこのシンプルでスタイリッシュなデザインに目を奪われました。

88鍵(鍵盤の数)ともなると通常ならそれなりに見た目の圧力も強くなりますが、Privia PX-S1000の第一印象は「カッコ良くてスマート」です。

ピアノに近い弾きごこち

CASIO Privia PX-S1000 特長紹介ムービー

素人ではありますが、私が試した電子ピアノの中では1番グランドピアノに近い弾き心地でした。鍵盤を叩いた時の重みや音の強弱はとても心地良いものです。

音色は18種類

音色は1種類だけ?と思いきや、スタンダードなピアノの音色を含めて全18種類の音色(スプリット機能使用時のBASSを含む)を使用する事ができます。

音色リスト
  1. GRAND PIANO CONCERT
  2. GRAND PIANO BRIGHT
  3. GRAND PIANO MELLOW
  4. ROCK PIANO
  5. JAZZ PIANO
  6. ELEC.PIANO
  7. DIGITAL E.PIANO 1
  8. DIGITAL E.PIANO 2
  9. 60’S E.PIANO
  10. HARPSICHORD
  11. VIBRAPHONE
  12. STRINGS 1
  13. STRINGS 2
  14. PIPE ORGAN
  15. JAZZ ORGAN
  16. ELEC.ORGAN 1
  17. ELEC.ORGAN 2
  18. BASS ※スプリット使用時

アプリと接続すれば操作も簡単に

本体タッチパネルと鍵盤を使って音色を設定する事も出来ますが、少し分かり難いので私はiPad・iPhoneを接続してアプリで設定しています。

対応アプリChordana Play for Piano

Bluetooth接続 ※スピーカー

例えばiPhoneをBluetoothで接続してPrivia本体をスピーカーとして使用する事ができます

Bluetooth対応ヘッドホンへの出力が可能?と期待しておりましたが、アウトプットは左手前のイヤホンジャックを使用します。

私は好きな楽曲を耳コピしながらピアノの練習をしているので、「曲」と「自分の演奏」両方の音をヘッドホンで聞ける事が最大のメリット。また、専用アプリには曲のテンポを変えたりメロディラインを消すなどの機能も付いているので、ピアノの練習が捗ります。

スタンドや椅子・ケーブル類

CASIO PX-S1000 BK Xスタンド・Xイス・ダンパーペダル・ヘッドホンセット 【カシオ PXS1000 Privia】

セット販売しているショップも多いですが、拘りの強い私は個別に購入。気軽に移動できるX型キーボードスタンドとイス、iPhone・iPad接続用のケーブルなどを揃えました。

X型スタンド

専用のテーブルを置くと圧迫感もあり配置替えの時に大変なので、汎用性を考慮してX型スタンドを購入しました。

スタンドの真ん中に置くとピアノ本体がフレーム直置きになってしまうので、奥のすべり止めエンドキャップに少し乗る様に置いています。今のところグラグラする事もなく演奏中も安定しています。

振動による位置ズレを防ぐサポートストラップも付いていますが、スタンドをある程度低くしないと装着できません。

口コミやレビューも参考にしながら、そこそこの値段で丈夫そうな商品を選びました。

キーボードベンチ

グランドピアノ風のイスも検討しましたが、キーボードスタンドとのコラボを重視して似たようなアイテムを選びました。

座り心地も良く、特に気になる点もありません。

iPhone / iPad 接続ケーブル

接続は必須ではありませんが、アプリを使いたいので接続用のケーブルを用意しました。2種類のケーブルを使います。

  • USBA(メス)→Lightning(オス) USB変換
  • USB (A to B)

ピアノカバー (鍵盤)

色は8種類ありイラストが可愛いのでこちらにしました。ピアノ全体ではなく鍵盤のカバーです。

Comment

タイトルとURLをコピーしました