初心者ができるSEO対策とは?考え方や今できることを分かりやすく

スポンサーリンク

SEO対策とは

Search Engine Optimization

検索エンジン最適化

ユーザーにとって最適なページを検索結果の上位に表示する仕組みのこと

特別な技を使って自分のサイトを検索結果の上位に表示させる事というイメージがあったのですが、実際のSEO対策は全然違いました。

初心者の私は知識も曖昧なままSEO対策というやつに時間をかけ過ぎてしまいました。もちろん検索しても全然出てきませんし、後で見返すと自己満足・利己的でユーザー目線とは思えない記事ばかりです。

運営初期はやる事がたくさんありますので、SEO対策に固執して振り回されない様にご注意ください

初期のSEO対策は「取り組む」というより「知る」くらいのスタンスがベストです。

Googleが掲げる10の事実

まずGoogleが掲げる10の事実というページをご確認ください。とにかくユーザー目線で考えられた当たり前の事が書いてあります。

2つの大事なポイント
  1. ユーザーにとって価値の高い記事を作成する
  2. 記事の情報を検索エンジンに正しく伝える

私の実体験ですが、どんな人に読んで欲しいかを想像しながら作った記事は自然と①②が綺麗に纏まっていて、検索上位にも入りやすい感じがします。

主観的ではなく客観的に見て、本当に役に立つ情報が見やすく分かりやすく纏まっていれば良いというシンプルなものです。

今すぐできる対策

費用
記事を作る際に気をつけるポイント
  • SEOタイトル
  • メタディスクリプション
  • 見出し
  • 画像の代替テキスト

①SEOタイトル

その名の通りタイトル部分。※32文字程度

SEOタイトルやメタディスクリプションはCMみたいに記事の内容を限られた枠で正しく&興味深く表現するというものです。

②メタディスクリプション

その名から想像しづらいこの部分。※120文字程度

キーワードを含んだ記事の紹介文です。直接SEOの評価にはなりませんが検索結果に表示される可能性が高く、この内容によってユーザーがクリックするかしないかの判断材料にもなります。

また、スマホでは最初の50文字程度が表示されるので、文章の前半にポイントを寄せると効果的です。

③見出し

↑この様な見出しもSEOに関係しており、記事の構成やネーミングなどセンスが問われます。SEOを意識しすぎると変な見出しになるので、あくまでもユーザー目線で。

見出しはサイトリンクに使われる事もあるので、分かりやすくシンプルなワードが良いですね。

④画像の代替テキスト

何らかの理由で画像が表示されない際に代わりに表示されるテキスト(情報)。

目の不自由な方が画像の内容を判断する際にも利用される様です。こういった知識も大事ですね。

画像検索するユーザーも多いので、そこからの検索流入も見込めます。検索エンジンに画像の内容を正しく伝えるという観点からも大事な設定です。

SEO対策の実績

以下のページは「コンソール 反映」だけでココ数ヶ月ずっと検索結果1位に表示されます。Googleヘルプのページよりも上位に表示されています。恐縮です。

※その後抜かされました(当然)

※その後また1位に(なぜ)

※その後4位に(落ち着く)

上位になった意外な理由

実はサイト運営をスタートして1か月後に作成した記事なんです。SEOなんて言葉しか知らない状態だったので特に何もしていないのです。

実際に私が凄く困った問題に関する記事で「困っている人の為に・・」という素直な想いで作成した事が良かったのかなと思っています。

それからSEO対策を色々勉強して記事をたくさん書きましたが、簡単に1位を取れる記事はりませんし、1位だからといってPVや収益が安定的に高くなるとは限りません

被リンク

優良なサイトから被リンクを受けるとSEO的にもサイトの価値が高まるみたいです。

伸ばそうとして簡単に伸びるものでもありませんが、被リンクの可能性を高めるに以下の2つをオススメします。

プライバシーポリシーの掲載

少なくともGoogleアドセンスやアナリティクスを導入している場合、プライバシーポリシーの掲載は必須です。すぐに完成するものでも無いので早めに着手する事をお勧めします。

リンクや著作権について

互いのトラブルを避ける為にもリンクや著作権に関する説明は掲載しておきましょう。

Comment

タイトルとURLをコピーしました