PV激減!ある日突然アクセス数が半分以下に(2020.5.7)

2020年5月7日にPVが激減しました。タイミング的に Google の The May 2020 Core Update と呼ばれるアルゴリズムの変更による影響だと思われます。

スポンサーリンク

突然PVが普段の半分以下に

3ヶ月前からのPVの推移です。コツコツ積み上げてきたアクセスが急落してしまいました。

投稿記事は少ないですが記事の見直しやデザインの改善にも力を入れてきたので・・しかも3ヶ月前より低いってのがショック大です。

サイト運営の目的は何?

こんな時は「PV 激減」をネットで調べて情報収集。色々な記事をチェックした中で、特に大事だなと感じた事をリストアップします。

あらためて考えてみよう
  • サイト運営の目的は何か
  • リスク対策をとっているか
  • PVに拘りすぎていないか
  • ユーザーの役に立つ記事を作成しているか
  • ユーザー目線でサイトを構築しているか

自分自身でサイトMTGをしながら目的を見失わない様に注意していたのですが、いつの間にか目先のPVばかりに気を取られて、その先にいるユーザーに対する想いが足らなかったと痛感しました。

また、1つのサイトだけに依存していたり検索流入だけに頼っていたり、十分なリスク対策が取れていません。

今回のPV激減をポジティブに捉えて、記事の内容やサイト全体の見直しをしたいと思います。

検索順位の変動

検索結果で上位に表示されていたページがいくつかありますが、特に大きな変動はありませんでした。1位 → 2位に落ちた記事もありますが、その他で大幅に順位を落とした記事はありません。

なので、ここまでPVが下がる要因も見当たらないんですよね。。となると、緊急事態宣言による影響、もしかすると当サイトを仕事中に見て頂く方も多いのか?テレワークや自宅待機などの方が増えたからPVも減ったのか?そんな可能性もありますね。

それから1ヶ月後

1位が2位に・・とか言ってましたが、1ヶ月には4〜5ページ目にまで順位を落としていました。オワタ。

アルゴリズムのアップデート

自分には関係ないものだと思っていましたが、こういった事も知識として蓄えていきたいと思います。

詳しく解説しているサイトはたくさんあるので、要点だけをシンプルに纏めてみました。

アップデートの概要
  • 検索アルゴリズムの大幅なアップデートのこと
  • 小規模アップデートは随時行われている
  • 年に数回実施している
  • 最初の数日は順位の変動が大きい
  • 2週間くらいで全ての更新が完了する

アップデート対策

じゃあ私みたいな個人の素人サイトは何をすべきか?答えはユーザーにとって価値のあるコンテンツを作るです。

全く人気がなく検索結果にもでてこないSEO対策の記事にも書いていますが、Googleの考えは合理的且つシンプルです。

誰に向けたどんな記事で何を伝えたいのか。ユーザーのことを1番想って作り上げた記事が1番強いと思います。※もちろん精神論だけではありませんが

人の「想い」とか記事の「価値」とか、それを計るためのアルゴリズムだと思うので、記事を作成する側としてはそこを見誤ってはならない。仮に現在の検索順位が低いとしても、本当に価値のある記事ならば未来のアップデート時に順位が上がるはずです。

もちろんこれは素人初心者サイト運営者の考えであり、SEO専門業者や玄人の皆さんは全く違う視点・考えがあって然るべきと理解しています。成長するために今の私が踏むべきステップをこなしていく形です。

ニーズは常に変化する

PVは大幅に減ったものの、ページ滞在時間や直帰率はほぼ変化ありません。なので、私の記事を求めている人にとって記事の価値は下がっていませんが、ニーズの変化によってそもそも求めている人が減ったのかなと思います。

過去の経験ばかりを気にしているとこうなってしまうので、今や未来の世の中のニーズを想像しながらサイト運営しなければならないと感じました。

抽象的な想いですが・・、とにかくこのままではいけないなと。

まとめ

以上ご確認いただいたとおり、PV激減がやっぱり超ショックで動揺が隠せず、変な精神論を語って自分を慰めようとしております。

2年くらい運営してやっと月間1万PVが近づいてきたところだったので、何とも切ない気持ちです。

アフィリエイトはオワコン?みたいな記事もたくさん見かけますが、私の状況だとオワタですけど影響を受けながらも稼ぎ続けている人はいます。何がどうなろうがサイト運営者としては変化を予測して対応してレベルアップし続けなければなりません。

まぁここで下を向かず(向いてますが)あまりPVは気にせず(たぶん気にしますが)、自分のやりたい様にやっていきたいと思います。

真逆の記事

Comment

タイトルとURLをコピーしました