2台目のNintendo Switchを購入した際の設定や便利な周辺機器

ゲーム機も「1人1台」の時代が近づいていますが、2021年10月にNintendo Switchの有機ELモデルが発売されたこともあって、2台目の本体購入を検討している方も多いかと思います。

私はようやく抽選で2台目のSwitchを購入することができたのですが、実際に2台目を買ってから気付いた事や知らなかった設定がありましたので、参考までに情報を纏めてみました。

スポンサーリンク

「いつも遊ぶ本体」の設定

ダウンロードソフトやセーブデータの引越しは公式サイトを見ながら安全に移動することができましたが、「いつも遊ぶ本体」という聞いたことの無い設定が必要になりました。

2台目のSwitchを購入して2台とも使い続ける場合は、いずれかの1台を「いつも遊ぶ本体」に設定します。「いつもあそぶ本体」に登録できるのは1アカウントにつき1台の本体のみです。

「いつも遊ぶ本体」じゃない方は制限がかかる

いつも遊ぶ本体では、購入者アカウント以外のユーザーもダウンロードソフトを遊ぶことができますが、いつも遊ぶ本体じゃない方の本体では、購入者以外のユーザーはダウンロードソフトや追加コンテンツを起動することができなくなります。

我が家は基本的に私がダウンロードソフトを購入して家族みんなで遊んでいるので、じゃない方の本体は実質「私(のユーザー)しか遊べない」に近い状態になります。

その為、子供とマイクラやスプラトゥーンのオンラインマルチプレイをする際は、子供が「いつも遊ぶ本体」を使い、私が「じゃない方」を使っています。

いつも遊ぶ本体の設定確認

ニンテンドーeショップにログインして右上のアイコンマークから設定状況を確認することができます。

新しいSwitchを「いつも遊ぶ本体」に登録する場合、先に古いSwitch側で「いつも遊ぶ本体」の登録を解除しておきます。

この設定はかなり重要です。1台を「外出用にする」「親の購入管理のもと子供に持たせる」などご家庭によって使い方は様々だと思いますので、任天堂の公式サイトで注意事項を確認してから設定した方が安全です。

2台目のSwitchを購入した際に必要となった周辺機器

MicroSDカード

撮影した写真や動画、ダウンロードしたソフト関連のデータ(セーブデータ以外)はMicroSDカードに保存されます。

新しいゲーム機を買った日は子供の頃と変わらずテンションが上がります。買ったその日にデータを移動したり設定を完了させたいところですが、本体のことで頭がいっぱいになってしまいMicroSDカードを買い忘れた・・なんてことも。

旧Switchの使用容量を確認しつつ、必要に応じて事前購入しておくと良いかと思います。

コントローラー【プロコン】

プロコン

お気に入りのプロコンを新旧のSwitch両方で使おうと思っていましたが、1つのプロコンを2台のSwitch本体に同時に登録する事はできませんでした。

最後にシンクロボタンで認識させた本体に登録が残るので、もう1台のSwitchでそのプロコンを使いたい場合は再度シンクロボタンで登録し直す必要があります。

割り切ってしまえばそれほど手間ではありませんが、Joy-conグリップでスプラトゥーンの操作は厳しいのでプロコンをもう1台購入する予定です。抽選に当たれば・・

モバイルディスプレイ

マイクラやスプラトゥーンをSwitch本体の画面でプレイするのはさすがに厳しかったので、Amazonのおすすめでレビューも高評価だったモバイルディスプレイ『cocopar ZS-156』を購入。

モバイルディスプレイの知識や使用経験が無く不安もありましたが、イメージしていたよりも「軽い・薄い・画質良い」で満足いく商品でした。

スタンド部分はiPadのカバーの様なタイプになっていて、マグネットが付いているので取り外しも簡単です。角度を調整することもできますし、使わない時は画面保護カバーにもなります。

コラボ系の純正プロコン

やなり安心感のある純正のプロコンは人気も高く、任天堂ストアでは品切れになっている事が多く、定価で購入できるお店も無さそうです。

特にゲームとコラボしている◯◯エディション系はデザインがかっこよく魅力的ですが、お店によって値段もピンキリなので迷ってしまいますね。

モンスターハンターライズエディション
モンスターハンターライズ:サンブレイクエディション
Xenoblade2エディション
スプラトゥーン3エディション
スプラトゥーン2エディション
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALエディション
タイトルとURLをコピーしました